いびきは恐ろしい病気のサインの可能性も考えられる

   

睡眠時無呼吸症候群の画像

いびきと睡眠時無呼吸

いびきは誰にでも発生する可能性があるものですが、家族や周囲の人から何度も指摘される場合は、正常な状態ではないので注意する必要がありますね。

基本的に睡眠中は全身の筋肉が緩むもので、舌を含む喉周辺の筋肉も同じく緩みます。

その為に重力で舌根が落ち込んで気道が狭くなって、そこを空気が通る際に周囲の組織を振動させるといびきが発生するのです。

また、睡眠中に気道が狭くなってしまうことは、空気の通り道が狭くなることなので、状況によっては呼吸する量が低下したり完全に閉塞したりすることもありますね。

つまり、いびきをかくということは、こうした睡眠時無呼吸のサインということも考えられるのです。

睡眠時無呼吸症候群とは?

寝ている時に無呼吸や低呼吸が1時間に5回以上見られると睡眠時無呼吸症候群という病気と診断されますね。

睡眠時無呼吸症候群になると呼吸が止まることで脳が短時間覚醒するため眠りが浅くなって、朝起きた時に頭痛があったり、日中に強い眠気・疲労感・集中力や記憶力の低下などが起こったりします。

そのまま放置して悪化すると、呼吸が止まることで血液中の酸素不足によって動脈硬化や不整脈の原因になりますし、熟睡できないために血圧や血糖値の上昇が起こります。

また新陳代謝に異常が発生するので生活習慣病のリスクが高くなって、高血圧・心臓病・脳卒中・糖尿病などの病気を発症することもありますね。

睡眠時無呼吸症候群の原因と対策

睡眠時無呼吸症候群の原因としては、

  • 肥満で首回りに脂肪が沈着する
  • 扁桃腺肥大
  • アデノイド
  • 気道への舌の落ち込み
  • 舌が大きい
  • 鼻が曲がっている

などがありますね。

また、日本人に多い特徴として顎が小さいという骨格の影響も考えられます。

このような原因で空気が通る気道が狭くなってしまうことにより起こるので、まずは専門医を受診して治療をすることが大事です。

また、横向きに寝ることで気道を広げられるので横向きに寝ることも対策になりますね。

ただ睡眠中の姿勢を自分でコントロールすることは難しいので、自然と横向きに寝ることができるいびき防止枕を利用してみるのも良いですね。

 - 未分類